Tours  Yottecott  NZ
国旗

ツアーズ ヨッテコット ニュージー
ニュージーランド旅行、ガイド・ドライバー付き現地ツアー、
グループ貸切のワイナリーツアーのスペシャリスト。

フォト & 旅行情報    ~ Photos  & Travel Information ~

トップーフォト
 

更新レポート
南島全域情報
更新しました!
11/21 2015  Yoshi

ワイン留学
  >> ウェブポリシー
  • 個人情報について
  • 著作権について
  • リンク先情報について

ヨッテコット  ニュージーランド
  リミテッド ・ ツアー部門

Yottecott NZ Ltd.
         tour section

tel :
+64-6-845-1521 (日本から)
     06-845-1521 (NZ国内)

スカイプID : yottecott

email : tours@ yottecott.co.nz

住所 :
9 White street, Taradale, Napier 4112, New Zealand

郵便物送付先 :
PO.Box 7473, Taradale,
Napier 4141, NewZealand

会社概要

空港出発

さあ、出発!

ビーチ01

NZの美しいビーチを
満喫です

ごちそう01

NZの美味しい味を
堪能して下さい

地図にもどる

各街の紹介最後にある
このマークをクリック
すると、左のNZマップに
もどります。

白い花と海

海岸に咲く満開の
花々

羊に乳を

子羊への授乳を
体験です

YHA01

NZのYHAはどこも
経済的、でも綺麗

ケープレインガ

北島の北端
ケープ・レインガ

ケープ・サイン

ケープ・レインガにある
有名な方角サイン

砂サーフィン

人気!砂丘を一気に
ボードで滑り下り!

ホール・イン・ザ・ロック

ホール・イン・ザ・ロック
人気のクルーズで

都会のオークランド

オークランドは所狭しと
ビルが林立する都会

夜のスカイタワー

夜ライトアップされる
スカイタワーもきれい

スカイタワー夜景

スカイタワーからの
夜景にひたる人…

ミッションベイ

市民の憩いの場
ミッション・ベイ

ビクトリア・パーク・マーケット

お土産屋が集結
ビクトリア・パーク・マーケット

ランギトト島

AKLからフェリーで
自然豊かなランギトト島

YHA オークランド

YHA オークランド
シンプルなツインルーム

フード・アレー

フード アレー
安くて、美味しく

マウント・マンガヌイ

山際のカフェから
Mt.マウンガヌイ

マンガヌイ頂上で

マンガヌイ山頂から
こんな降り方はどう?

マンガヌイと羊

マンガヌイ山頂から
羊と一緒に山下り

海岸とベンチ

マンガヌイの海岸
こんなベンチで読書…

メインビーチ

どこまでも続く
マンガヌイのビーチ

ロトルア湖

ロトルア湖
市民憩いの場

ポリネシアン・スパ

ポリネシアン・スパ
NZで一番有名なスパ

ヘルズゲート

ヘルズゲート
湯気と硫黄の匂いが

アグロドーム

アグロドームの羊ショー
ファーム・ツアーは大人気

リッジス・ロトルア

リッジス・ロトルア
部屋も広くて快適!

ベストイン・ロトルア

ベストイン・ロトルア
日本人経営で安心!

ロトルア・モーター・ロッジ

ロトルア・モーター・ロッジ
とてもお安く宿泊

タウポ湖

美しいタウポ湖を
見下ろす子供が1人

タウポバンジー02

タウポ・バンジー
47m下の川へ!

タウポ・バンジー

フカ・フォール
感動的な水量です!

レイク・フロント

レイクフロント・モーターロッジ
部屋続きのスパが

ニュープリ・海岸

NZの西海岸ニュープリ
この先に日本が…

ニュープリ・散歩道

美しい海を眺めながら
ゆっくりウォーキング

マウント・タラナキ

街から少しだけ見えた
マウント・タラナキ

ネイピア・一望

ブラフ・ヒルからの
ネイピア市街とビーチ

ワイナリーツアー

ワイナリーツアー
テイスティングを満喫中!

ホーストレッキング

ホース・トレッキング
自然の中を馬と散策

オーシャン・スパ

オーシャン・スパ
スパから海を望む贅沢

ブラフ・ヒル

ブラフヒルの芝生
からの美しいビーチ

ネイピア・ビーチ

ネイピア中心からすぐ
海を望むテラス

ショア・ライン・モーテル

ショア・ライン・モーテル
の贅沢な一室

ツキツキリバー

NZでの虹鱒釣り
ツキツキリバー

クエスト

ホテル・クエスト
外観もお部屋も綺麗

テニソン

ザ・テニソン
経済的でも立地がよい

アールデコ・ショップ

アール・デコ・ショップ
クエスト・ネイピア向かい

アールデコ・ウィークエンド

2月のお祭り、
アールデコ・ウィークエンド

マウント・ビクトリア

マウント・ビクトリア
から望むウェリントン市街

テパパ・博物館

WGTのシンボル
テパパ博物館

ケーブルカー

ケーブルカーの終点
ケーブルカーいない…

ビーハイブ

本当に蜂の巣
のようなビー・ハイブ

船倉庫

オリエンタル・ベイ
までに並ぶ船倉庫

オリンエンタル・ベイ

オリエンタル・ベイ
の海に浮ぶ噴水

南島へのフェリー

南島のピクトン
に行くフェリー

フレンチ・トースト

パレード・カフェの
フレンチ・トースト美味すぎ

マックス・ビール

我慢できず写真忘れ
飲みかけマックス・ビール

エイベル・タスマン

美しく輝く海
エイベル・タスマン

ゴールデン・ベイ

どこまでも続くビーチ
ゴールデン・ベイ

風のビーチ

風がなびくビーチで
リラックス…

ウォーター・タクシー

ウォーター・タクシー
を利用しての移動

羊飼いの教会

羊飼いの教会から
是非観てほしい!

アルパイン

アルパイン スプリングス
湖を眺めながら…

教会

テカポ湖畔の
美しい教会

アストロ・カフェ

アストロ・カフェのある
Mt.ジョーンズから

マウントクック

MtCook国立公園
の美しい山並み

ハーミテージホテル

デン!とそびえる
ハーミテージホテル

マウントクック バックパッカー

あら綺麗なお部屋
MtCook Backpacker

ワカティプ湖

ゴンドラに乗り頂上から
ワカティプ湖

ミラー湖

ぜひ立ち寄りたい
その名の通りミラー湖

ホマー・トンネル

 ミルフォードもそこに
ホマー・トンネル

ミルフォード・サウンド01

幻想的なフィヨルド
ミルフォード・サウンド

ミルフォード・サウンド02

滝に再接近
ビショ濡れ~

ディスティンクションホテル

teanauで一番綺麗
ディスティンクション

YHA テアナウ

YHA Te Anauの
シングルルーム

ペンギン

野生のペンギンさん
を観賞できるツアー

タイエリ・鉄道

タイエリ鉄道
見どころで停車中

ボルド・ウィン・ストリート

世界一急な坂
ボルド・ウィン・ストリート

ダニーデン建築01

ダニーデン市内の
スコットランド風建築

メルキュールダニーデン

メルキュールホテル
便利で清潔、経済的

エルムロッジ

エルムロッジ
全員くつろぐBBH

セスナ

ステュアート島への
10人乗りセスナ

セスナ

セスナの機内
緊張の離陸!?

セスナ

ステュアート島
静かで美しいビーチ

フォト & 旅行情報

道を歩く羊

これからご紹介する内容は、当社スタッフが実際に
現地で感じたものをコメントとして掲載しています。
例えば宿泊施設情報は、実際に宿泊したことがある、
または現地に赴きお部屋などをスタッフの目で
見たことのある施設のみコメント掲載をしております。
アクティビティや見どころ、レストランについても経験した、見た、そして味わったうえでの生きたコメントです。ここに掲載していない施設も数限りなくありますが、旅作りのご参考にしてください。

営業日、時間、費用などの詳細情報に関してましては、各施設のリンク先ホームページよりご確認ください。
当社コーディネイト以外での、個人での各施設のご利用、またご利用しての問題については各個人の責任においてお願いいたします。

” 街の情報  ”

※ 地図中の各都市名をクリック!! 各街の情報に飛びます。

ニュージーマップ 北島 パイヒア フィティアンガ タウランガ マウント クック ハミルトン ロトルア タウポ ネイピア ニュープリマス パーマストンノース ウェリントン ネルソン クライストチャーチ テカポ 南島 ミルフォードサウンド クイーンズタウン テアナウ ダニーデン インバカーギル


” 情報内容一覧  ”

街の特徴 天気、街の雰囲気、交通など
cha_sen
見どころ 海、山、川、空…
cha_sen
アクティビティ クルージング、現地ツアーなど
cha_sen
宿泊施設 ホテル、モーテル、YHA…
cha_sen
味の紹介 レストラン、名産品など
cha_sen
写真を満載 右列にある写真をクリックで、
もっと大きな写真が観られます。
cha_sen
ツアー紹介 各地の旅行に関連するツアーは、
左列の情報の窓をクリックしてください。
cha_sen

※ 情報は順次増やしていく予定です。

cha_sen
宿泊施設情報にある $ マークは宿泊費用を以下のような目安にしたものです。
正確な費用は各施設のウェブサイトからお願いします。

格安なバックパッカー

経済的でお財布にやさしい宿泊施設

中級ホテル・モーテルをイメージ。
ダブルルームで、NZ$100前後

高級ホテル、モーテルをイメージ。
ダブルルームで、NZ$150以上

特別な時に利用、最高級ホテル。
ダブルルームで、NZ$200以上
cha_sen

北 島 North Island  

カイタイア Kaitaia
< 街の特徴 > www.kaitaia.co.nz/
北島北端の街、そしてケープレインガ手前の
最後の街でもあります。
 
 
< 見どころ >  見どころアイコン  
ケープ・レインガ・90マイルビーチへ
レンタカーを借りて行く手段もありますが、ケープレインガだけでなく
90マイルビーチも含めた現地ツアーの利用をお勧め。ケープレインガに行く北端の道は舗装もなく、また90マイルビーチへの乗り入れは許可を受けたツアーでの
車のみ可能、レンタカーでは乗り入れできません。
パイヒアからのツアー、もしくはオークランドからの1泊2日ツアーを利用した方が
楽しめます。
 
地図にもどる


パイヒア Paihia
< 街の特徴 > www.paihia.co.nz/
パイヒアから北のケープ・レインガ、カウリコースト、
90マイルビーチを含むノースランドへのツアー発着ポイントです。またクルーズでも有名な街。
街自体はとても小さくてかわいいです。
 
< アクティビティ > 見どころアイコン  
各種クルーズ
ドルフィン・クルーズやホール・イン・ザ・ロックや点在する島々を望むクルーズが大人気。多くのツアー会社が埠頭に並びます。天気が悪いと結構縦揺れするので船酔いに弱い方はご注意くださいね。kiwiが平気でワインを飲んでいる横で
アジア人は顔色悪かったりします。天気がいいことを願いましょう。。
 
< 宿泊施設 >   宿泊施設アイコン ツアーの拠点となる町だけあって、小さなパイヒアでも多くのモーテルやバッパーが並んでいます。
YHA パイヒア YHA Paihia

www.yha.co.nz/Hostels/North+Island+Hostels/Paihia
とてもきれいなYHA。2階建ての2階部分がドミトリ以外の個室になります。
1階のキッチンで料理しながら他国の友達も作れそうな、そんなフレンドリーな雰囲気がこのバッパーにはありました。
 
地図にもどる


オークランド Auckland
< 街の特徴 > www.auckland.co.nz/
ニュージーランド(NZ)人口の1/3が住むオークランド地域。街を歩けば、英語、中国語、韓国語、そして日本語が飛び交う多国籍都市。東京や大阪と比較したら都会とは言えないが、NZでは断トツ、そして唯一の都会と言えそう。ということは、でNZもっともNZらしくない街とも…
 
< 見どころ >  見どころアイコン  
オークランド
   ミュージアム
Auckland
   Museum
www.aucklandmuseum.com
ウェリントンのテ・パパと並んでNZを代表する博物館。マオリ族やNZの歴史を
楽しみながら学べます。また上階の戦争博物館には本物の日本の
ゼロ戦も展示。スケールの大きさに少なくとも半日は欲しいところ。
寄付といいながら$5を入口のおばちゃんに強制されなければ、
もっと入場料として支払う価値はあるのに…
 
スカイ・タワー sky tower www.skycity.co.nz
オークランドのシンボル的存在。南半球でもっとも高いタワーからの眺めは
雄大そのもの。また夜景は本当に美しい。タワーの下にあるレストランで夜景とともに味わうディナーは思い出になります。
低層階にはカジノも。旅の予算を使い切りませんように!
 
 < 宿泊施設 >    宿泊施設アイコン

オークランドには数え切れない宿泊施設があります。
当社スタッフも以下に掲載する以外の多くのホテルを見てきましたが、あえて各ランクごとにお勧めできるホテルのみを掲載します。迷った時のご参考に。

スカイ・シティ・ホテル Sky City Hotel

www.skycity.co.nz
街の中心に建つスカイタワーの下にあるホテル。同じ施設内にあるレストランの
数々や同じ施設内にあるカジノを楽しむには最高のホテルです。
 
リッジス・ホテル・オークランド Rydges Hotel Auckland

www.rydges.com/auckland
スカイシティから歩いて2分ほどに建つホテル。お部屋はとても清潔で明るくお勧めです。1本大通りから入っているので、街の中心にあるのに静か。
ただ旅行で来られた方には場所が少しわかりづらいかもしれません。
ホテルのフロントは2階(NZではファースト・フロア)なのでご注意を。
 
ベスト・ウェスタン
プレジデント・ホテル
Best Western
President  Hotel

www.presidenthotel.co.nz
スカイシティからクーインストリート側に坂を下る途中の左側。あるいても5分以内。立地と値段にしてはお部屋もとても広く、穴場的なホテル。ただその分、お部屋からの眺めなどは期待できません。建物も新しいとは言えません。でも予算を少し抑えたいけどお部屋はゆったり使いたい方にはいいですよ。
 
ジューシー・ホテル Jucy Hotel

www.jucyhotel.com
元アスペン・ハウス、最近改装されてレンタカー会社のジューシーが経営するホテル。クイーンズ・ワーフから徒歩10分ほど。予算をしっかり抑えたい、でも相部屋は嫌だという方には。お部屋はシンプルそのもの。シャワー・トイレ共同のお部屋、シャワー・トイレ付きもあります。ドミトリもありますが、このホテルの利用でしたら個室をお勧めします。キッチンは改装でなくなりました。
 
YHA オークランド・
シティ
YHA Auckland City

www.yha.co.nz/Hostels/North+Island+Hostels/AucklandCity/
クイーン・ストリートの坂を登りきる手前、左手City roadを入った所。
この手前のTuner roadには”YHA インターナショナル”もあります。こちらの方がYHA Cityよりも少し高め。YHA Cityもシンプルですが問題ないと思います。
 
< ごちそう >  ごちそうアイコン 多国籍都市オークランド、一番の魅力は色々な国の
料理が気軽に楽しめることかもしれません。レストランの数もすごい!下に掲載したレストランはNZに住んでいてもオークランドでは食べに行きます!的なレストラン。
オークランドで迷ったらここです。
オキシデンタル・ビア・
カフェ
Occidental Beer Cafe www.occidentalbar.co.nz
ニュージーランドに来たらマッセル(日本のムール貝)です。オキシデンタルのマッセルを食べずして帰国できません。蒸しマッセル、焼きマッセル、どちらも美味、
そして高くないのも嬉しい。蒸しマッセルにはフライドポテトも付いてきます。
ベルギー・ビールやラム・シャンク、ベルギー・ソーセージもお試しください。
有名になりすぎたのが残念なくらい…
 
オブザバトリー The Observatory  
www.skycityauckland.co.nz/Restaurants/The-Observatory.html

スカイタワーの下、スカイシティ施設内の高層階にビュッフェスタイル(日本のバイキング)形式レストラン。お値段もお安くはありませんが(大人NZ$63),、気楽に本格的なディナーを満喫できるのは旅行中の方には最適です。バラエティ豊かで新鮮なシーフードが多彩なのも嬉しいこと。そして美しいオークランドの夜景も一緒にお楽しみください。予約は必須です。

 
グラウンド・ハーバー
チャイニーズ・レストラン
Grand Harbour
Chinese Restaurant
www.grandharbour.co.nz/

大人気の飲茶レストラン。ウィーク・エンドのランチでは、予約をしても待つことが多いです。待っても価値ある美味しさ。まわってくる飲茶の種類も多彩で、どれも美味しいですよ。飲茶はランチだけなのでご注意ください。

 
フード・アレー Food Alley  
www.menumania.co.nz/restaurants/food-alley-auckland
豪華ディナーだけではなくお手頃なランチに。オークランドには多くのフードコートがありますが、やはりフード・アレーです。ここに始まり、ここに終わる…
決して綺麗でもない、入口もわかりづらい、専用ホームページもなかった。
でも各国の料理がお安く美味しく食べられるのは強い味方です。
オークランドがここに凝縮されている、そんな地元の雰囲気をどうぞ。
OKギフトショップからAlbert streetの坂を登り始めてすぐの右側です。
 
地図にもどる


ハミルトン Hamilton
< 街の特徴 > www.hamilton.co.nz/
北島でも有数の大都市、でも旅行においてはオークランドまであと1時間半、途中の街という位置付けになってしまいます。街中はラウンドアバウトも多く、運転には細心の注意をしてください。
 
地図にもどる


タウランガ Tauranga
< 街の特徴 > www.tauranga.co.nz/
タウランガの街から橋を渡ってすぐのマウント・マンガヌイを合わせてベイ・オブ・プリンティ地方と呼び、ここはNZでも人気のリゾート地です。海に突き出たマウント(マウント・マンガヌイの愛称)から綺麗なビーチが伸び、サーファーやホリデーを楽しむ人々でとても開放的な雰囲気です。
 
< 見どころ > 見どころアイコン  
マウント・マウンガヌイ Mt Mounganui  
マウントの周りの小道を散策、海もとてもきれいです。またマウントに登るのは表からは楽ですが、小道を半周して裏から登るとこれはとても過酷です。とてもいい運動にはなります。
 
メイン・ビーチ・
パパモア・ビーチ
Main Beach・
Papamoa Beach
 
マウントから続くメイン・ビーチは波がよければサーフィンやボディーボードを楽しむ若者でにぎわいます。といっても日本のような状態ではないです。
パパモア・ビーチはメイン・ビーチから少し離れているため、地元の人も犬を
連れて散歩する姿や投げ釣りをする人が見られたりと落ち着いた感じ。
こちらの方が海が綺麗に思えます。
< 宿泊施設 >   宿泊施設アイコン マウント・マンガヌイにはサーファーがよく利用するバッパーとリゾート地らしい高級モーテルが数多くあります。タウランガの街には落ち着いた感じの宿泊施設が多いです。
ホテル・アーミテイジ Hotel Armitage

www.hotelarmitage.co.nz
タウランガのアイサイト(観光案内所)から車で3分ほど。シックで
落ち着いた大人の雰囲気がするホテルです。
静かですし、マウントで遊んだ後でくつろぎたい方にはいいです。
 
パパモア・ビーチ
トップ10・ホリデーリゾート
Papamoa Beach
Top10 Holiday Resort

www.papamoabeach.co.nz
パパモアビーチを目の前にするリゾート。キャンプサイトから豪華スパ付きの部屋まで幅広くあります。
美しいビーチでニュージーランドの思い出をお作りください。
 
YHA・タウランガ YHA Tauranga

www.yha.co.nz/Hostels/North+Island+Hostels/Tauranga/
タウランガの町からエリザベス・ストリートを西に坂を下りきる手前を右に入る。少しわかりづらい立地だが、駐車場が目の前にある。部屋はYHAらしいシンプルさ。
 
地図にもどる


ロトルア Rotorua
< 街の特徴 > www.rotorua.co.nz/
ロトルアの街が近づくと独特な硫黄の臭いに気付くはず。NZで一番の温泉の街。いたるところから湯煙が立ち登る様子は少し日本を思い出します。
綺麗な湖と温泉、NZを代表する名所。
 
< 見どころ > 見どころアイコン  
ポリネシアン・スパ polynesian・Spa www.polynesianspa.co.nz
もっとも有名なスパ。水着を着て他国での温泉を楽しむという経験は忘れられないものです。Lake Spa($43)とAdult Pool($21.50) の2種類が個室以外にありますが、大人だけでしたら安いアダルト・プールで十分です。
むしろこちらの方がいいかもしれません。貸水着もありますが、NZに来る時には水着を持ってきた方がいいです。
 
ヘルズ・ゲート Hells Gate www.hellsgate.co.nz
地面からボコボコと熱そうに立ち上がる湯気と泥…地熱地帯をゆっくり1時間以上散策できます。まるで別府の地獄温泉めぐりを大きくしたようです。ここでもスパを楽しめますし、泥風呂もあります。
 
アグロドーム Agrodome www.agrodome.co.nz
NZといえば羊、羊の毛刈りなどが楽しめるショーや、牛や羊とたわむれることができるツアーがあります。お子様連れの方にはもってこいの場所です。
 
< 宿泊施設 >   宿泊施設アイコン NZを代表する観光地ですから、多くのホテルやモーテルがあります。モーテルでは天然温泉が引かれている所も数多くあるのでお楽しみください。
リッジス・ロトルア Rydges Rotorua

www.rydges.com
ロトルアの中心からは少し離れている分、静かで落ち着いたホテル。お部屋は是非スパ付きがお勧めです。温泉ではありませんが、お部屋で大きなジャグジー風呂は最高です。また無料の温水プールもありますからお子様連れの方にもいいですよ。
 
ベスト・イン・ロトルア Best Inn Rotorua

1068 Whakaue Street Rotorua 07-347-9769
日本人の悦子さんが経営する宿泊施設。お風呂は個室の天然温泉ですから、水着をつけることなくご家族でお楽しみいただけます。
お電話でご予約をどうぞ、日本語で大丈夫です。
 
ロトルア・モーター・ロッジ Rotorua Motor Lodge

www.rotoruamotorlodge.co.nz
ロトルアの街に入る手前に位置する格安モーテル。その分建物は古く、車の音も少し気になるかも。夜9時まで利用可能な個室スパが2つ。鍵も閉まるので水着の必要もありません。宿に予算をかけたくない時にはいいですよ。お部屋は広いです。
 
YHA・ロトルア・トレックス YHA Rotorua Treks

www.yha.co.nz/Hostels/North+Island+Hostels/Rotorua/
NZのYHAらしからぬお洒落さ。立地も中心から徒歩圏内、専用駐車場もあります。お部屋はYHAらしいシンプルさ、でも綺麗ですよ。
 
地図にもどる


タウポ Taupo
< 街の特徴 > www.greatlaketaupo.com/
ロトルアから森林の中を抜けて約1時間、ロトルアと同じように湖岸の街。ここもNZ有数の観光地、
豪華な モーテルが並びます。タウポといったらバンジー!挑戦してみませんか?
 
< アクティビティ > 見どころアイコン  
タウポ・バンジー Taupo・Bungy www.taupobungy.com
ワイカト川を眼下にジャンプ!思い出に残ることはお約束します。夏は希望により川の水に濡れることも可能。料金を払ってからギブ・アップしても返金はありません。(過去にお客様お1人が…)
ここにコメントをしているということは、私も経験者。
2度はいいですが、いい?経験です!
 
フカ・フォールズ・ジェット Huka Falls Jet www.hukafallsjet.com
NZでも有数の観光地フカ・フォールズ、感動する水量の川でスリリングなジェットボートを経験。大人お1人$105の価値はあります。ウェブ・サイトの動画で雰囲気がわかります。言葉では説明しつくせません。
 
< 宿泊施設 >   宿泊施設アイコン ロトルアと同じくNZの代表的な観光地、豪華なホテルやモーテルも数多くあります。夏のピークシーズンは宿泊料金も高めになってしまいます。
レイク・フロント・モーター・ロッジ Lakefront Motor Lodge

www.lakefrontmotorlodge.co.nz
旦那さんのKenと日本人のクミコさんが経営するロッジ。ミネラル・プール付きのお部屋をお選びなら、お部屋付き天然温泉が楽しめます。このお値段でいつでもプライベートスパを堪能できるのですからお勧めです。
 
 
地図にもどる


ニュー・プリマス New Plymouth
< 街の特徴 > www.newplymouthnz.com
とても美しい風貌の山、マウント・タラナキへの玄関口となる街、そして北島の西海岸を代表する街。
気持ちのよい散歩には最適な海沿いの長い小道。 とてもきれいな街です。
 
< 見どころ > 見どころアイコン  
プケ・アリキ・ミュージアム Puke Ariki Museum www.pukeariki.com
オークランド・ミュージアムやテ・パパに比較するととても小規模な博物館ですが、
とても綺麗な博物館と印象が強いです。
 
< 宿泊施設 >   宿泊施設アイコン
アリキ・バックパッカーズ Ariki Backpakers

www.arikibackpackers.com/
アイサイト(観光案内所)の建物からアリキ・ストリートを挟んで斜め向かい。
とても便利な場所にあるバック・パッカーです。
 
 
地図にもどる


ネイピア Napier
< 街の特徴 > www.hawkesbaynz.com/
当社のベース、ネイピア。ネイピアを含むホークス・ベイ地方は
ワインの名産地として、また古いヨーロッパ調(アール・デコ)の建物が残る街として、ヨーロッパや欧米の旅行者に人気の街。
温暖な気候、美しい海…ぜひ日本の方々にも訪れていただきたいと願うばかりです。
 
< アクティビティ > 見どころアイコン
ワイナリー・ツアー Winery Tour  
 www.toursyottecott.co.nz/wine.html
ワイン王国ホークス・ベイに来られたら行かないわけには行きません。点在する50以上のワイナリー、どれも個性があり、良質のワインをお楽しみください。
詳しくは ワイナリー・ツアーのページ からどうぞ。
 
< 見どころ > 見どころアイコン 以下に掲載する場所以外にも多くの見どころはあるのですが、ツアーでのお楽しみにしておきますね。
オーシャン・スパ Ocean Spa

www.oceanspa.co.nz/

テ・パニアホテルの斜め向かい、海水を利用したスパ。スパに浸かりながら眺める海は綺麗ですよ。スパ横にはバーもあるので、すぐ横でビール、なんてのもできます。水着は用意してきてくださいね。
 
ブラフ・ヒル Bluff Hill
ネイピア中心街から北にすぐの高台、愛称ヒル(Hill)にある眺めのいい展望スポット。中心地から徒歩は無茶です。ヒルの道は複雑で急坂、車で行っても迷ってしまう人が続出というのが現実です… でも頑張ってたどり着いた先には海とネイピア港が大きくひらけて眺めは最高です。
 
< 宿泊施設 >   宿泊施設アイコン 欧米の旅行者に人気の観光スポットとあって、海岸沿いのマリン・パレードには豪華なモーテルが続きます。また夏のシーズンにはフルーツピッキングの仕事を求めて若者が集まるため、バック・パッカーも多く存在します。
テ・パニア・ホテル Scenic Hotel Te Pania  

www.scenichotelgroup.co.nz
ネイピアでもっとも豪華なホテル。海側に面したガラス張りのお部屋からは
海が目の前です。清潔感漂う白が基調なホテル。でも、お値段の割には…
 
ショア・ライン・モーテル Shoreline Motel

www.shorelinenapier.co.nz/
マリン・パレードに並ぶ高級モーテルの1つ。スパ付きのお部屋では、ベッドからすぐのところにジャグジー風呂があったりします。テラスからの海は綺麗です。
 
ハーバー・ビュー・
モーター・ロッジ
Harbour view 
Motor Lodge

www.harbourview.co.nz/
地元ではもっとも人気のあるハーバー地区、アフリリにあるモーテル。お部屋の前は海!という感じです。
NZに来たらこんな所に泊まりたい…お勧めです!
 
クエスト・ネイピア Quest Napier

www.questnapier.co.nz
街の中心を縦断するDickens Streetに位置してとても便利。
小規模なホテルも、お部屋も美しくミニキッチンも付いています。
 
ザ・テニソン The Tennyson

www.tennyson.co.nz
街の中心地、アールデコ・ショップの向かいに位置する中級ホテル。
少し古さを感じますが、お部屋は綺麗です。
 
マリンランド・モーテル Marinland Motel

www.marinelandmotels.com
空港と街の中間、海がきれいなウェスト・ショアに位置するモーテル。スタンダート・ステュディオで$110ほどというのはとてもお徳な感じがします。お部屋は大きくありませんが、シンプルできれいです。また同じ敷地内にレストランもあり、旅行者の方の評判もいいです。
 
YHA ネイピア YHA Napier

www.yha.co.nz/Hostels/North+Island+Hostels/Napier/
数多くあるバッパーの中でもやはりYHAがお勧め。マリン・ランドにあり中心地も近く便利。またスタッフはとてもフレンドリーでいい感じです。かわいいYHAの外観。
 
< ごちそう >  ごちそうアイコン

ワイナリーに併設される数多くのワイナリーレストランが味を競う ホークス・ベイ。
ワイナリー・ツアーでのお楽しみにしてください。 

パシフィカ Pacifica  
 www.pacificarestaurant.com
地元でも美味しいことで有名な海鮮とワインのレストラン。オーナーの奥さんはワイナリーで働いていた経験もあり、当社スタッフのマサの友達。街の中心、マリン・パレードにあり徒歩で行くにも好立地。料金は美味しい分、奮発してください。
予約必須です。
 
 
地図にもどる


パーマストン・ノース    Palmerston North
< 街の特徴 > www.pncc.govt.nz/
学生の街、パーミ(パーマストン・ノースの愛称)。でもハミルトンと同じく、どうしても途中の街、そして長距離バス乗換えの街。ウェリントンまで後2時間半ほど。ここから西海岸にもでることができる拠点の街です。
 
地図にもどる


ウェリントン Wellington
< 街の特徴 > www.wellingtonnz.com/
NZの首都であり、北島の南端に位置する”風の街・ウェリントン”。海峡に面した土地のために1年中風が強い。
風だけでなく雨も多く、気候には恵まれない。
でもこの街を愛するkiwiは多い。天気がいい日のウェリントンは本当にきれい。久しぶりに雨が止んだりすると、みんなの顔も明るくなる。ヨーロッパの雰囲気を持ち、素敵なcafeも多くておしゃれ。是非行ってみてください。
 
< 見どころ >  見どころアイコン  
テ・パパ Te PAPA www.tepapagovt.nz
オークランド博物館を圧倒する存在感。じっくりと時間をとって楽しみたい施設。展示物だけでなく、特別企画も見ものです(これだけ有料)。そしてエントランスを入ってすぐの左にある、テ・パパ・ストア(お土産屋さん)はとても充実、品の入れ替わりも頻繁で、これが1つの見どころ。そして最上階の美術館は穴場、いついっても人が少ないのに展示数も多く、博物館とちがい落ち着いて楽しめます。 帰りにはボックスに寄付をしていって下さい。納得してできると思います。
 
ケーブル・カー cable car  
 www.wellingtoncablecar.co.nz
乗り場が少しわかりづらいです。ビジネス街を横切るランプトン・キーに看板はあるのですが、それも見つけにくい、聞いた方が早いです。日頃はビクトリア大学の学生や高い地域の住人の大切な足、ですから…観光スポットとしては…
終点から始まるボタニック・ガーデンは天気と季節がよければ散策にはとてもいいです。国会議事堂のこんなすぐそばなんて考えられない。
 
国会議事堂 beehive www.parliament.nz/en-NZ
ビー・ハイブ(蜂の巣)で市民、いえ国民から親しまれる国会議事堂。といってもみんなこのまわりでお弁当食べたり、読書、日光浴してますよ。
この国らしいですね。中を見学できるツアーもある、らしい…(すみません、この街に住んでいたのに未経験)
 
オリエンタル・ベイ Oriental bay
市民憩いのビーチ。オークランドのミッション・ベイによく似ているが、こちら街の中心から歩いて10分以内。アイスクリーム食べながら、犬のお散歩、みんな楽しそう。それにウェリントンを代表する高級住宅街でもあるので山側の豪華な建物も見ものです。歩道にあるベンチに座っていると時間を忘れてしまいそう。。
 
< アクティビティ > 見どころアイコン
ドミニオン・ポスト・
フェリー
The Dominion Post
Ferry
www.eastbywest.co.nz/
派手なアクティビティはウェリントンにはないが、この湾を縦断するフェリーは天気さえよけれはお勧め。日頃は対岸との大切な交通手段の一つだが、通勤時間以外はのんびりした30分ほどのクルーズです。小さなフェリーの甲板に立っていると運がよければフェリーと並走するイルカが見られるかも。
対岸に渡ったデイズ・ベイのビーチは静かなビーチでワーフそばのcafeもとてもいい感じです。
 
 < 宿泊施設 >    宿泊施設アイコン

オークランド同様に各種多様な宿泊施設があります。市内中心では専用駐車場のない施設もあるので事前に確認して
おく必要があります。

インターコンティネンタル・
ウェリントン
Interbontinental
Wellington

www.ichotelsgroup.com/intercontinental/en/gb/
locations/overview/wellington
ウェリントンでも最高級のホテル。ビジネス街の真ん中に位置し、ウェリントン駅も歩いて10分以内。
 
ホテル・アイビス
ウェリントン
Hotel Ibis Wellington

www.ibishotel.com/gb/home/index.shtml
この立地にしてこのお値段ならお徳感いっぱいです。ウェリントン駅から歩いても数分、ビジネス街の真ん中。一階のレストラン・バーもいいですよ。
 
YHA ウェリントン シティ YHA Wellington City

www.yha.co.nz/Hostels/North+Island+Hostels/Wellington/
NZにあるYHAの中でもトップ!? 規模も大きいのですが、とても綺麗なYHA。
向かいには深夜まで営業するスーパーがあり、便利このうえありません。
ただ専用駐車場がないのが難点ですが、シティ中心部にあるので仕方がないです。 スーパーの駐車場に置いておくとレッカーされますのでご注意!
 
< ごちそう >  ごちそうアイコン おしゃれなウェリントンには数々のレストラン、それにカフェがあります。みんなお気に入りのカフェがあり、この街では美味しくないと経営していけません。ちなみに私はCity Gallery Wellingtonのカフェがお気に入り!
なかなか見つけにくいのもいい理由のひとつだったり…
グランド・センテュリー Grand Century
www.wellingtonnz.com/bars_restaurants/grand_century
もうこれ以上混雑してほしくないからここは読み飛ばしてください!?
地元でも大人気の飲茶、というよりNZで一番美味しいかも飲茶。。
スタッフ内ではウェリントンに行ったらここに行くのが当然。
 
ホテル・ブリストル Hotel Bristol
www.hotelbristol.co.nz/
ホテルではありません、バーです。レストランやバーが並ぶキューバー・ストリートの中でも落ち着いた雰囲気をかもし出す。フードメニューも多彩でとても美味しいです。
ステーキをオーダーしたらそのボリュームと美味しさに満足。ピザもおすすめ。
 
マックス・ブリューバー・
ウェリントン
Mac's Brewbar Wellington
www.thebrewerybar.co.nz/
テ・パパのお隣の大きな建物。もう説明はいりません、説明しても伝わりません。ぜひ出来立てのビールを楽しんでみてください!
 
地図にもどる


南 島 Southd Island  


ネルソン Nelson
< 街の特徴 > www.nelsonnz.com
南島の北に位置するネルソン、晴天の日が多くてNZでも人気の街。ここからエイベル・タスマン国立公園やゴールデン・ベイに向けての起点ともなります。
 
< 見どころ > 見どころアイコン  
エイベル・タスマン国立公園、ゴールデン・ベイ へ
ネルソンを出発、モトウエカを経てエイベル・タスマン国立公園へ。
輝くビーチと透き通る水、ビーチの背後には山々が並びます。いくつものトレッキングコースがあり、何日あっても足りないかもしれません。水上を走るウォーター・タクシーを利用して計画よくトレッキングコースを楽しんでください。
ププ・スプリングスの透き通るような水の泉に寄り、ゴールデン・ベイへ。
どこまでも続きそうなビーチ。このまま日本に持っていったら海の家が乱立しそうですが、NZでは何もありません。ただただ静かに流れる時間を自然が養ってくれます。
 
< 宿泊施設 >   宿泊施設アイコン ツアーの拠点となる町だけあって、小さなパイヒアでも多くのモーテルやバッパーが並んでいます。
YHA ネルソン セントラル YHA Nelson Central

http://www.yha.co.nz/Hostels/South+Island+Hostels/Nelson/
ネルソン中心街にあるといってもいい好立地。ロトルアのYHAもそうですが、最近のおしゃれで綺麗なYHAの一つ。キッチンも清潔で広く、ツアーやエイベル・タスマンへのスタートには十分すぎる宿泊施設です。
< ごちそう >  ごちそうアイコン
ザ・インディアン・カフェ Indian Cafe  
  www.theindiancafe.com/default.htm
ここのカレーは美味しかったです。バンケットを注文していろいろな種類のカレーを楽しんだのですが、どれもハズレがありませんでした。お店の雰囲気も、そしてスタッフの応対もよく気持ちよいお店。
 
地図にもどる


クライスト・チャーチ Christchurch
< 街の特徴 > www.christchurchnz.com/
南島最大の都市…南島ツアーのスタート・ポイント…
スタッフの情報があまりにも貧弱です、いくらスタートポイントで宿泊しないといっても、Yottecottで載せる必要性がない情報ばかり…
ごめんなさい、だんだん増やしていきます。
 
地図にもどる


テカポ Tekapo
< 街の特徴 > www.laketekapountouched.co.nz/
これが本当の青色かもしれない…あまり経験のない湖の水色。ニュージランドに来てよかった、と思わせてくれる景色です。
見どころはレイク・テカポそのものが一番です。
 
< 見どころ > 見どころアイコン
羊飼いの教会
タウポ湖のほとりに立つ教会。
概観もみごとですが、教会中からの風景はきっと思い出になるはずです。
 
< アクティビティ > 見どころアイコン
アース・アンド・スカイ
スター・ゲイジング・ツアー
Earth and Sky
Star Gazing Tour
www.earthandsky.co.nz
おすすめのツアーです。スター・ゲイジングツアー(夜のツアー)しか経験はありませんが、これこそが星降る夜とでも言うのでしょうか…満天の星…言葉では説明できませんね。経験してみてください。日本の方の丁寧な説明もとても有難いです。真冬の夜空はさらにいいのですが、寒い、というより凍えます。。でも山頂で防寒服を貸してくれますし、暖かいホット・チョコレートは嬉しいかぎりです。それでも暖かくしていってください。
 
アルパイン
スプリングス
alpine Springs www.alpinesprings.co.nz/

アイサイトから湖畔を車で10分ほど。気軽に楽しめる、ホット・スパ・プール。水着を持参でどうぞ。冬季はアイススケートも。
カフェもあるのでごゆっくり。。

 
< 宿泊施設 >  宿泊施設アイコン
テカポ湖のほとりに多くの宿泊施設が並んでいます。若い人にも人気の町なので、バッパーも複数あります。
テーラーメード バックパッカーズ tailor-made-tekapo
backpackers

https://www.iserve.co.nz/users/serac/tailor-made-backpackers.co.nz/htdocs/index.htm
アイサイトから徒歩10分ほど。フレンドリなスタッフが待つ、典型的なバッパー。建物は新しくないが、とても静かに過ごせます。
< ごちそう >  ごちそうアイコン
湖畔レストラン  
このページ初めての日本食レストランの登場です。NZにまで来て和食は…
いいえ、ここのサーモン丼はおすすめです。記憶に残る一品ですね。
 
アストロ・カフェ Astro Cafe  
http://www.newzealandsky.com/earthandsky/astro_cafe/astro_cafe.html
紹介しました星空ツアーで登るMt.Johnの頂上にあるカフェ。
夜とは違い明るい時の景色は眼下にテカポ、そし山並みが綺麗。
ゆっくり景色を楽しみながらのコーヒータイムをどうぞ。
望遠鏡でMt.Cookを観せてくれるかも。
 
地図にもどる


マウント クック Mt Cook
< 街の特徴 > http://www.mtcooknz.com/
NZ最高峰、マウント・クック。テカポから1時間半、プカキ湖を右に80号線を北上すると 美しい山並みが大きくなってきます。
国立公園のため、ハーミテージホテル内、
あるいは近辺以外にはお店もありません。
また80号線にはガソリンスタンドもないので
お気を付けください。
 
< 見どころ > 見どころアイコン  
Walk・Track コース
まずハーミテージホテルからすぐのビジターセンターで情報と地図を入手!
簡単な散策コースから1日をゆっくり楽しめるトラックルートまで様々。
 
< アクティビティ > 見どころアイコン
グレーサー・
エクスプローラーズ
Glacier Explorers  
http://www.hermitage.co.nz/en/activities/glacier-explorers
ハーミテージホテルの受付からもう1つ下に下りるとお土産屋さん入り口に
予約センターがあります。予約時間の15分前にホテル前集合。
バスでまず出発、その後30分ほど歩いた後に、ボートで湖へ!
雄大な眺めと氷河をお楽しみください!
 
< 宿泊施設 >   宿泊施設アイコン ハーミテージホテル、そして少し離れた場所に
いくつかのバッパー。そんな感じです。
ハーミテージ・ホテル The Hermitage Hotel

http://www.hermitage.co.nz/en
NZでも有名なハーミテージホテル。どのお部屋からも雄大な山々の眺めが。ホテル内にはカフェ、レストランもしっかり揃っています。
宿泊費もしっかりしています。。
 
マウントクック・
バックパッカー・ロッジ
Mt Cook Backpacker Lodge

http://www.mtcookbackpackers.co.nz/en
ハーミテージから車で3分。経営も同じハーミテージ。
2010年10月にオープン、ですが施設はすでに結構古い感じです。
もとある施設を改修したのでしょう。当然ドーミトリもありますが、
ツインなどのルームもあり、お部屋代もハーミテージの3分の1ほどでしょうか。 とても広いですし、浴槽もある。古いながらも清潔で、
このお値段ならこちらでも…?   アナバ?
 
< ごちそう >  ごちそうアイコン
オールド マウンティニアズ
カフェバー&レストラン
The Old Mountaineers
Cafe Bar&Restaurant
 
ビジターセンタのすぐ裏手。とってもボリューム満点で、
お値段もリゾートしていません。
 
地図にもどる


クイーンズ タウン Queenstown
< 街の特徴 > www.queenstown-nz.co.nz/
穏やかな雰囲気のワカティプ湖のほとりに位置するクイーンズタウンは南島を代表する観光都市。特に冬は南半球の雪を求めて、多くのスキーヤー・ボーダーが訪れる。冬に比べて夏は少し街も大人しいが、それでもミルフォードへの拠点であり、また多くのアクティビティを楽しむことができます。
 
< アクティビティ > 見どころアイコン
クルーズ・
ワカティプ湖
Cruise around
Lake Wakatipu
 
 www.realjourneys.co.nz/Main/TSSEarnslaw_WP/
街の中心に面した湖岸から昔なつかしさを漂わせる蒸気船が就航。ゆっくりとしたスピードでワカティプ湖をクルージング。クルージングランチを楽しむもよし、ただただ湖の風にリラックスするのもよしです。
 
ワカティプ湖周辺
のウォーキング
walking around
Lake Wakatipu
 
ワカティプ湖周辺にはさまざまなウォーキング・コースがあり、本格的なトレッキングもできれば、散策という感じのものまで。林の中は湖岸にはベンチもあり、休みながら、読書でもしながら1日ゆっくりとウォーキングというのもいいですよね。ここの林を歩いていると癒されそう。
 
< 見どころ > 見どころアイコン
スカイライン・
ゴンドラ
Skyline Gondola www.skyline.co.nz/queenstown/
街の中心からゴンドラ乗り場まで少しの坂を登っても10分以内。ゴンドラに乗り頂上に行くと、そこからの眺めはワカティプ湖の青と山々の緑とそして雪の白さも。山頂にはレストランやカフェ、それにバンジージャンプやリュージュなどのアトラクションもあります。
 
< 宿泊施設 >   宿泊施設アイコン 欧米の旅行者に人気の観光スポットとあって、海岸沿いのマリン・パレードには豪華なモーテルが続きます。また夏のシーズンにはフルーツピッキングの仕事を求めて若者が集まるため、バック・パッカーも多く存在します。
ノボテル・クイーンズ
タウン・レイクサイド
Novotel Queenstown
lakeside  

http://www.novotel.com/gb/hotel-5308-novotel-queenstown-lakeside/index.shtml
街の中心からすぐですが、とても静かな。
清潔きれいで、ここなら問題はなく快適に過ごせます。
 
フレーミング・キウィ
バックパッカーズ
Flaming Kiwi
Backpackers  

http://www.flamingkiwi.co.nz/index.php
街の中心からも徒歩圏内、歩いてすぐには深夜まで営業する
スーパーもあり便利。ワイアレス インターネットがフリーなのは嬉しいです。
 
地図にもどる


ティアナウ Te Anau
< 街の特徴 >
ここで小さな町ティアナウが登場する理由、それはミルフォード・サウンドへの大切な基点となる町だからです。美しく雄大なティアナウ湖の入口に位置するこの町は湖畔からの景色もすばらしい。
ちなみにこのページのトップを飾る夕暮れの湖の写真は、この町の湖畔からの一枚です。
 
< 見どころ > 見どころアイコン  
ミルフォード・サウンド・クルーズ Milford Sound Cruise www.realjourneys.co.nz
ニュージーランド旅行のクライマックスを飾るにふさわしい、やはりNZに来られたら一度は行かれる価値のあるものだと思います。雄大なフィヨルドは忘れられないものになることでしょう。

ここへの交通手段ですが、クイーンズタウンからのフライトツアーがまず一番早い。つまり山々の上を飛行機で飛び越えての近道。でも天気が悪いとバスツアーに振り替えられます。期待していたフライトから一転して…費用はそれなりに高いです。

クイーンズタウンから車を利用して約5時間以上。ツアーバスを利用すると早朝出発して大型バスが一気に突っ走る。でもこれがかなり辛く感じる方も多いようです。ミルフォードに到着した時には結構フラフラ、その後に2時間のクルージング、終わったらまた吹っ飛ばしてバスで5時間クイーンズタウンに…

せっかくの楽しい旅行で辛い思いをしたくない方、それならこの町ティアナウまで前日に来て1泊、そして感動的なミラー湖の見物などもしながら余裕の2時間でミルフォードという方法をお勧めします。当社のスケジュールではこちらを必ず採用させていただきます。
 
< 宿泊施設 >   宿泊施設アイコン
レイク・サイド・モーテル Lakeside Motel

www.lakesideteanau.co.nz/
ティアナウ湖の湖畔に並ぶモーテルの一つ。
少し町の中心から離れており徒歩10分弱はかかりますが、中心に近いバック・パッカーからも離れているので、元気すぎる若い旅行者の賑わいもなく静かでいいかもしれませんね。
お部屋はシンプルなものですが、次の日のミルフォードに備えて、またクルーズ後の夜をゆっくり過ごすにはいい環境だと思います。
 
ディスティンクション   テ アナウ  ホテル Distinction Te Anau
Hotel and Villas

www.teanauhotel.co.nz/
ティアナウ湖の湖畔の美しいホテル。町の中心からもすぐでとても便利。
湖側のお部屋と中庭側のお部屋があり、当然お部屋代も湖側の方が高くなりますが、中庭側でも十分に快適です。
 
YHA テ アナウ YHA Te Anau

http://www.yha.co.nz/Hostels/South+Island+Hostels/TeAnau/
このYHAはいいです!とっても快適、きれい。規模は大きくありませんが、
NZのYHAでもトップクラスの過ごしよさ。
夜遅くまで騒ぎ立てるヨーロッパの旅行者もなくお勧めです!
 
 
地図にもどる


ダニーデン Dunedin
< 街の特徴 > www.dunedinnz.com/
スコットランドからの移民により開けた街、ダニーデン。他の街とは違う雰囲気が町並みや建築物に。医学関係につよいオタゴ大学の学生が集う街でもあり、日頃は元気な学生が多く行きかう街でもあります。
 
< アクティビティ > 見どころアイコン  
タイエリ渓谷鉄道 Taieri Gorge Railway http://www.taieri.co.nz/
荘厳なダニーデン駅を汽車で出発し、ゆっくりしたスピードでミドルマーチまでの往復を楽しみます。途中からは渓谷沿いの美しい車窓を楽しみつつ、途中の見どころやシャッターチャンスの場所で停車したりでのんびりした汽車の旅。
終点のミドルマーチではお土産などや軽食などの露店がお待ちかね。
日本での忙しい毎日を忘れさせてくれそう…
 
< 見どころ > 見どころアイコン
ダニーデン・美術館 Duniden Public
Art Gallery
www.dunedin.art.museum/
街の中心の中心、オクタゴン(ロータリー)の一画にある美術館。
どうしてこの南半球の南の端っこの美術館にこれだけの浮世絵があるのか…一列に長く並べて展示されている浮世絵の多さには本当に驚きです。
 
世界一の急坂 Baldwin Street
オクタンゴンからオタゴ大学、植物園を越えて車で10分ほど。坂を下りきった場所に一軒のお土産屋さんがあります。まるでスキージャンプの滑走路のよう、でもそれ以外は普通の道…
道の両脇にはこれまた普通に民家が…
聞いてみたいです、「どうしてここに住むようになったの?」それが不思議。。
 
セント・クレア・ビーチ St Clair Beach
オクタンゴンから大学とは反対の方角(南側)にずっと進んでいくとこのビーチに。大きくはないが、市民の憩いの場であり、サーフィンやボードを楽しむ人も。
海に向かって右側の端に温水プールがあります。そこに付属するcafeの雰囲気もよく、窓からの海はとても綺麗。
 
< 宿泊施設 >   宿泊施設アイコン  
YHA ダニーデン YHA Duniden

http://www.yha.co.nz/Hostels/South+Island+Hostels/Dunedin/
昔は病院だった建物を改築したとのこと。中はまるで迷路のようなつくり。
個室にいても当時は病室だったなという感じがしっかりあります。
でもスタッフはとてもフレンドリーで中の設備も清潔に保たれています。
オクタゴンから南に徒歩15分ほど、商店街が終わってから坂を山側に。
少し中心からは距離があります。
 
パブロバ・パレス
バックパッカーズ
Pavlova Palace Backpackers

http://www.backpackersdunedin.co.nz/
オクタゴンからもさほど距離はないのですが、何せ坂です。徒歩大変!
みんな歩いてますけど。典型的BBH、夜までギターやら歌う、飲む、
我が家のようにみんなで楽しむ。
海外の友達を作りたい人には、最適なお宿。
2階にある個室は綺麗でした。ドミトリはなかなかおもむきある。。
若い人には面白いはず。
 
 
地図にもどる
インバカーギル Invercargill
< 街の特徴 > www.invercargill.org.nz/
南島の南端に位置する街、インバカーギル。
ブラフ オイスターで有名な牡蠣の街、ブラフはインバの南先端の半島に。
またその南にあるスチュアート島の玄関口でもあります。
 
< 見どころ > 見どころアイコン
ステュアート島 Stewart Island www.stewartisland.co.nz
ステュアート島、NZらしく自然しかない島ですが、夏シーズンに訪れるには最高の島です。静かで小さなビーチが点在。カヤック、ボート、フィッシング…
島へのアクセスは大きく2つ。インバからシャトルでブラフの街まで南下。
そこからフェリーで1時間。
もしくは中心部から車で5分のインバカーギル空港からセスナ機で15分。
費用の差は約$15。どちらを選択しますか?
セスナ利用の場合はこちらから、www.stewartislandflights.com
飛行機酔いする暇もなく到着してしまいます。
 
< 宿泊施設 >   宿泊施設アイコン  
テュアタラ
バックパッカーズ
Tuatara
Backpackers

www.tuataralodge.co.nz
街の中心部にあり、外観にはトカゲのテュアタラの絵がはでにあるので、
すぐわかります。受付はバーのカウンタ続き。1階はそのバーですが、
その上のアコモデションはとても静かでしたよ。
 
地図にもどる
 
go_small